ヘッダー

or 管理画面へ

【創作】ブロスの過去の話の場面を思い浮かべて脳内上映会をするのがとても楽しい。この思い浮かべた頭にある状態を遜色なく出力できる技術が自分にあったらなあ。空想が高じてブロスが昔いたラガシュ王国軍部隊の隊員とライドギアの名前、敵になるものの設定をメモしました。

ラガシュ王国軍
忠実なる猟犬【フェイスフル・ハウンド】の隊員
(数ある部隊のうちの一つ)

 ブロス主人公。詠人の一族だが隠している。戦場でどんな戦況でも敵に突っ込んでいき、すぐに人に噛み付くので「狂犬メガネ」というあだ名でよばれる。ラガシュを平和な国にして学者として人の役に立ちたいが、知識の専門が兵器開発なのでその矛盾に苦しむ。すぐ切れるので、よく口論になるレリムに「瞬間湯沸かし器、思春期から心を閉ざしっぱなしの中学8年生(20)」といわれている 。ライドギア:インフェルノ(炎)

 ヴァラッド猟犬部隊の副隊長。ブロスの友人。隠しているがラガシュの王子。的確な判断力と行動力を持ち、いざというときに頼りになる。聞き上手で柔和な態度と相まって老若男女問わず好感をもたれやすい。ライドギア:サイレイド(プラズマ)

 ベイブロスと仲のいい恰幅が良い隊員。興奮すると早口になる。面白い漫画やかっこいい音楽や雑学に詳しい(そのあたりの趣味がブロスと合う)臆病なところがあるが陽気で気がよくピザが大好き。(石で戦場に砦や盾を作ったりサポート系の能力) ライドギア:テイヴァス(石)

 アリィオーシュ猟犬部隊の女隊長。雷を操る。アリィという愛称で呼ばれる。軍人の家の出で、ヴァラッドの許嫁だった。ヴァラッドが王家から勘当されて許嫁が破棄されても、ヴァラッドに想いを寄せ、隊員に秘密でヴァラッドと付き合っている。努力が報われない場面でも生真面目をやめない生粋の真面目。仲間の前ではブチギレスイッチを切りなさいと、ブロスをよくたしなめる。 ライドギア:オクタピア(雷)

 ヴェルド最年長の頼りになる穏やかなおじさん。世の中のことをなんでも知っていて面倒見が良い。妻子を革命軍との紛争で亡くしている。揉め事の仲裁や隊員の失敗のフォローをよくしている。ライドギア:ゼファー(風)

 レリムツインテールのロリ軍人(副隊長のヴァラッドが大好きだが、ヴァラッドが隊長のアリィと付き合ってるのを知らない)見えないがブロスより年上で、レリムにわからない話題で盛り上がるブロスとベイをいぢめるが時々「桃が剥けたからはじっこを恵んであげる。慈悲深いレリムの御心に涙するがいいよ」とたまに果物のはじっこをくれる) ライドギア:ツァンラート(水)



【王国軍が雇う傭兵】
不吉届ける黒猫【オミナス・シャノワール】の隊員※全員偽名 全員エドゥアルド人ではないので呪文やレグナントは使えないが、基本的な戦闘能力が高い

 ヨコウ蟲を操る魔笛をもつ隊長。黒髪に褐色肌の偉丈夫。何を考えているのかよくわからない。革命軍を作った(護竜(皇帝)の刺客でテスカの一族。元王族の奴隷であったエドゥアルド人が力を持つのを恐れ、統都ラガシュを滅ぼしにきた。エドゥアルド人ではない。シリンダーでライドギアを扱っている)ライドギア:カルマ(黒炎)※ラスボス

 ショウザ血気盛んな傭兵。頭がいい。空中戦が得意。 ライドギア:メテオラ(スピード)

 トバリショウザの弟。言動がバカっぽく荒っぽいが野生の勘が鋭い。 ライドギア:モナク(パワー)

 オハラミステリアスな美女。諜報員。ライドギア:ノクターン(魅了)

【革命軍】
壊蟲に寄生された民間人の成れの果て。もとは愛国心があり平和を好む善良な市民だったが、壊蟲に寄生されてその性質が裏返っている。壊蟲に操られて生命力を魔力や戦闘力として消費させられ、ライドギアをもって残虐で非道な行いをする。『自由』をスローガンに、機械で民の意思をコントロールする王(※懐蟲の寄生による被害を防ぐためなのだが)が民から自由を奪っていると主張しラガシュの王を打倒しようとしている。人の意識を操作できるハイドラの能力を持ったセムを狙って苗床にしようとしている。

【封魔の御子】
セム 歌で蟲の働きを抑制できる 魔神ハイドラの分体を封じている
王国軍からも(統治につかうために)革命軍からも(支配に使うために)狙われている。

畳む

by 八神旭@管理人

八神旭@管理人

八神旭一次創作(ファンタジー / 現代 / 和風 / おじさんと少女 / ロボ / 女戦闘員)オロナミンCも好き。

編集