Loading...

DERIVATIVE WORK

蒼鋼のドラグーンの二次創作です。

第四話 死闘!ビッグマラー!!

《 前のページへ | INDEX | 次のページへ 》

「メイルとの濃厚接触おじさんは――殺す!」

「地獄おじさん!ここが貴様の墓場まらーーーー!!」

――こいつは危険だまら!
ビッグマラーの研ぎ澄まされた戦闘本能が地獄おじさんが何より危険な存在だと告げていた。

「暗黒ギアレスをなめるなよ地獄おじさん!貴様を地獄に叩き返してくれる!はあああぁっ」

「ほああぁぁぁぁ!!」

迎え撃つ地獄おじさん!!

ビッグマラーの体当たりを正面から地獄おじさんは受け止める。

「なにいいぃ!」

ビッグマラーが漏らす驚愕の気息。
幾多のレスラーを沈めてきた、ビッグマラーの体当たりを受け止めた。

「小癪なあああぁ!」

ギンギンに昂るマラ。

「まだまだマラああぁぁっ!!」

全身の筋肉をたわませ、連続攻撃をくらわせる

「マラマラマラマラマラマラ!マラマラマラマラマラマラ!!」

ギアレス回トップクラスの連射砲じみた連撃を繰り出すビッグマラー。
地獄おじさんにめり込む連撃。
だが地獄おじさんの腕が――連撃をとめる

「まらっ!?」

「マラマラと口癖にしていいのはなぁぁ!!」

ブロスは猛る

「メイルだけだぁぁぁ」

地獄の炎をまとった、地獄おじさんの拳がうち放たれる。

「ぐおおおおおおぉぉっぉぉ」

暗黒プロレス界四天王が一人、ビッグマラーが燃え上がる。

「ま、まららぁ!!」

だが暗黒ギアレス四天王の名は伊達ではない。ここで沈まないのが、暗黒四天王が一人ビッグマラー。

「まらああぁぁ!!」

ビッグマラーがブロスにつかみかかる。凄まじい気迫。
だがっ……。

「いいだろう、貴様にも見せてくれる」

迎え撃つ地獄おじさんが――あの技を開帳する。ビッグマラーのマラをつかみ――

「きえええええぇぇぇっ!!」

ビッグマラーを抱え、怪鳥の如く飛び上がる地獄おじさん。

空から地上を一望する。

「覚えておけ、ビッグマラー。この光景を。これが貴様がみる」

吠える地獄おじさん。

「最後の光景だあぁぁ」

急降する怪鳥。地獄にたたきおとすべく天堕するその技は――

「おじさんパンデモニムゥゥゥゥ!!」

「なにいいいぃぃぃぃ」

それはおじさんを滅する万魔殿。

天堕する地獄の技巧はビッグマラーを上回る。

「マラアアァァァァッァッ!!」

絶叫するビッグマラー。

四天王が一人、ビッグマラーをぶっ潰した。

「これがおじさんパンデモニウム!!」

叫ぶ地獄おじさん。

「貴様らおじさんを滅する地獄の技としれえぇぇぇぇ」

地獄おじさんの叫びが満天に響き渡った。



「なにっ、ビッグマラーがやられただと。

ビッグマラー撃沈。その急報は暗黒プロレス界に衝撃を与えた

「地獄おじさんを名乗るなぞのおじさん……どうやら……本気にならないといけないアナルえ」

「まさか……貴様がいくというのか!……四天王が一人、アナライズアナルよ」

四天王の一人、ゴールデンボールがアナライズアナルをいさめる。

「そうだアナル。正体不明の地獄おじさん!だがこのアナライズアナルにかかれば、地獄おじさんなぞ丸裸同然」

「くくく、恐ろしいやつだな貴様は。いいだろうアナライズアナル! 地獄おじさんにこの金玉をくれてやれないのは口惜しいが……貴様がいくというなら是非はない」

二重に響くゴールデンボールの声。

「ふっふっふ……ネトラレリザード、ビッグマラー。
 地獄おじさん一人にやられるとは四天王の面汚しよ!」

猛るアナライズアナル。

暗黒四天王の会議の末、地獄おじさんの滅殺をケツ断する暗黒プロレス界の重鎮アナライズアナル。

新たな死闘が始まろうとしていた。

《 前のページへ | INDEX | 次のページへ 》