システム手帳の自作リフィルの作り方

獏(ばく)
自分なりの自作リフィルの作り方をご紹介します♪


こんにちは♪システム手帳の自作リフィル作りにはまっている獏(@dream_theater00)です。
今回は今使っている自作リフィルの作り方をご紹介しようと思います。自作リフィルというと敷居が高そうに思えますが、一度作り方や手順を覚えればそんなに難しいことはないと思います。
好きなページを作れて、紙面の構成も自分の自由に出来るので、とても楽しい手帳ライフが送れるようになります♪

【自作リフィル作りに必要なもの】

・画像編集ソフト
・印刷用データ
・A4のコピー用紙
・カラープリンタ
・カッター、カッターマット、長めの定規
・穴開けパンチ
・かどまるん(お好みで)
・リフィルを綴じるバインダー

※先にこれらを揃えておくと、スムーズに作業が進みます※

印刷データ用の素材をそろえよう

まず、リフィルを印刷するためのデータが必要になるので作っていきましょう。イラストレーターやフォトショップやエクセルなど、枠線を編集できたり、画像を編集できるソフトがあれば捗ります。(自分はフォトショップCS6を使って作っています)

今回はコラージュ柄でリフィルを作るので、好きなフリー素材を集めましょう。自分はお花や蝶や英字新聞を多用していますが、そこはお好みで選んでみて下さい♪素材集から好きな素材を探すのも楽しいですね。

マスキングテープの柄を作ってみよう

マスキングテープの柄は、あると何かと使えるので便利です。作るのも簡単なので、作り方を載せておきますね♪(柄はストライプでも、ドットでも、花柄でも、なんでもいいと思います)

全部フォトショップの機能で作ることが出来ます。(ほとんど長方形ツールを使っています)折り重なり部分の、光と影を入れるのが若干難しいかも知れませんが、拡大してゆっくり作業すれば綺麗に描画できます。

リフィルを作ってみよう

ウィッシュリストを作ってみます。(画像はバイブルサイズのリフィルです)パンチで6穴を開ける位置にかぶるように、コラージュ素材を配置します。コラージュなので、感覚で配置してもそれらしく馴染んで見えます。好きな素材をどんどん配置していきましょう。

記入欄はほとんど長方形ツールだけで出来るので簡単です。手帳が茶系なので、茶色の枠にしてみました。罫線は薄めに描画すると、印刷したときに文字を書きやすい気がします。

構成に不安がある場合は、実際に作り出す前に、スケッチブックやノートにアイデアラフをスケッチしておくと良いです。画面に向かった際に迷わなくて済むので、アイデアスケッチはおすすめです。

用紙にデータを配置しよう

A4のコピー用紙にリフィルを印刷してカットする予定なので、画像編集ソフトでA4用紙を選択して画像を配置していきます。上の画像はミニ6穴サイズのリフィル配置例です。ミニ6はA4用紙から四枚のリフィルが作れます。位置は、中央寄せにすると思っていれば間違いないです。両面に印刷をするため、面と裏があります。両面のデータを作るとき、穴の位置が表裏で左右逆になるように配置します。そうすると穴をあけたときにピタッと収まります。

こちらはバイブルサイズのリフィル配置例です。バイブルサイズはA4用紙から三枚リフィルが作れます。こちらのサイズの際も表裏作りましょう。

※デザインが左右対称の場合は、作るデータは一枚(オモテのみ)でいいと思います※

プリンタで印刷してみよう

印刷の向きはタテ、100パーセントの倍率で印刷します。「用紙幅に自動的に合わせる」のチェックは外します。両面印刷するので、用紙の向きには気をつけましょう。本番前に表裏の印刷テストをしておくといいと思います。

リフィルをカットしよう

印刷したリフィルをカットします。定規はアクリルのものだと傷がつきやすいので、金属の定規がおすすめです。定規をあててカッターでカットすると綺麗に切り分けることが出来ます。(※カットしやすいように、データ作成時に切り込みの目印をつけておくといいかもしれません)

パンチで穴を開けよう

バインダーに綴じるための穴を開けます。リフィルを挟んで、パチンと開けるだけです。穴の位置を間違えないように気をつけましょう。

お好みで角を丸くカット(かどまるんを使用)

用紙の四方を角丸にするかどまるんというグッズがあるのですが、お好みでリフィルの四方を角丸にするのも可愛いです。

出来上がったリフィルをバインダーに綴じる

お疲れ様です、これで完成です。自作リフィルをどんどん使っていきましょう♪自作リフィル作りは手間がかかりますが、そのぶん愛着もわくので手帳ライフが楽しくなります。初めは難しいかもしれませんが、手順に慣れたら、自分の好みのリフィルをたくさん作ってみてくださいね♪

オリジナルリフィルを配布予定かも?

自分用のリフィルは割と感覚で作ってしまったので(汗)、もっと丁寧に作ったら無料配布するのも楽しそうだなあと思っていました。予定は未定ですが、配布を開始した際にはよろしくお願いします♪

ABOUT THE AUTHOR

夢幻劇場イラストレーター獏(ばく)
一次創作(ファンタジー / 現代 / 和風 / おじさんと少女 / ロボ)が好きで、漫画や小説やイラストを描いています。
HNの由来は「悪い夢を食べて、良い夢を見せてくれる」という動物の獏からとっています。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top