なめらかな描き味!Wacom Intuosの使い心地など

獏(ばく)
現在使用しているペンタブレット『Wacom Intuos』の使い心地などを紹介します。実際に描いたイラストも掲載したいと思います。

Wacom Intuosは軽くて精密な描き味のペンが付いたペンタブレット。 イラスト、写真加工、マンガ制作など好みのソフトウェアを選んでダウンロードができ、クリエイティビティ溢れるあなたの夢をサポートします。

デジタルのお絵かきに欠かせないのが板タブレットや液晶タブレットなどの入力機器です。今回は獏が使っている板タブレット、Wacom Intuosの使い心地や、作例などを紹介していきたいと思います。

Wacom Intuosと、保護シート

Wacom Intuos

細かい性能のことはよくわからなかったんですが、Wacom のIntuos にしておけば安心という信頼感と、新型のデザインが可愛かったので『Wacom Intuos』を選びました。

購入後は、『付属のUSBケーブルでペンタブレットをパソコンに繋げる』⇒『専用のドライバを公式サイトからダウンロード』⇒『ドライバをインストール』すれば、ペンタブレットが有効化されます。
保護シート

合わせて、クリアタイプの保護シートを貼って使っています。保護シートを張ると、より描き味がなめらかになるのでおすすめです。

Wacom Intuosで引ける線、イラストの例

絵を描いている人が気になるのは、『購入後に安心して使えるか』『実際どんな線が描けるのか』『実際どんな絵が描けるのか』だと思ったので、そちらを中心に載せようと思います。

Wacom Intuosで引ける線
『Wacom Intuos』で引ける線の例
おすすめポイント

綺麗な線が描けますが、線画補正機能が働くソフトを使えばより綺麗に描けるかも!
ブラシはフォトショの『サイズの異なる円ブラシ』がおすすめ!

描き味は、なめらかで曲線が描きやすいです。これにクリップスタジオの『線画補正機能』が加わったり、フォトショップの『サイズの異なる円ブラシ』を使えば、かなり綺麗な線画が描けるのではないでしょうか。

このペンタブレットは初心者から中級者向けとありましたが、確かに自分のような初心者寄りの人間でも扱いやすいと感じました。デジタルで線画を引くには慣れが必要ですが、慣れたら凄く扱いやすいと思います。

Wacom Intuosで描けるイラスト
実際に描いてみたイラスト
おすすめポイント

線画も描きやすいですが、彩色も塗りやすかったです。
描き心地がよいと、作業スピードも上がる気がします。

カラーイラストを描いてみたのですが、なめらかな描き心地で線画がスラスラ描けました。彩色も塗りやすかったです。「以前使っていたペンタブレットより、うまく線が描けなかったらどうしよう」と、使う前に心配していた面もあったのですが、杞憂でした。

Wacom Intuosの便利な点

替え芯が3本付属している
ペンの継ぎ目を回すと蓋が外れて、替え芯(3本)が!

保護カバーなしで使っていると、結構芯が磨り減るので、替え芯がついているのはありがたいですね。

上部のエクスプレスキーの上がペントレイになっていて、ペンを置ける
上部のエクスプレスキーの上がペントレイに!

ペントレイも、ちょっと席をはずしたいときに手軽にペンを置けるので便利です。

Wacom Intuosの感想

Wacom Intuosはこんな人におすすめ!

線画を綺麗に描きたい
可愛いデザインのペンタブレットを使いたい
机の上のスペースを広々使いたい

全体的な感想としては、イラストが凄く描きやすくなったと思います。綺麗な曲線が引けるというのは大きいので、線画を描くときに重宝しそうです。ただ、お値段が自分からすると高価なので、『このお値段で初心者向きタブレットなのか…!』と思わなくもないですが、性能は値段相応に良いです。

デザインもカラータイプのものを選ぶと、可愛くてテンションがあがります。薄型でサイズも小さめなので場所をとらず、机の上に資料などを乗せていても場所を広々使えます。

ペンタブレット選びで迷っている方は、『Wacom Intuos』はいかがでしょうか?

ABOUT THE AUTHOR

夢幻劇場一次創作ブログ獏(ばく)
一次創作(ファンタジー / 現代 / 和風 / おじさんと少女 / ロボ)が好きで、漫画や小説やイラストを描いています。
HNの由来は「悪い夢を食べて、良い夢を見せてくれる」という動物の獏からとっています。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

SPONSORED LINK

Return Top